タイで満月の夜だけ開催される、秘密の ”フルムーンパーティー”


 シティリビングWebのみなさま! こんにちは、リーマントラベラー東松です。僕は平日は広告代理店に勤務しながら、週末や3連休などを使って世界中を旅しているサラリーマンです。昨年10月~12月は毎週末海外旅行に行き、平日はサラリーマンをしながらも5大陸18カ国を旅し、「働きながら世界一周」を達成しました。 GWの旅先を提案するコラムのラストは、満月の夜だけ開催される秘密をご紹介いたします! よろしくお願いいたします。

第一弾:まだ間に合う! GWで行く、定番じゃない極上ビーチリゾート

第二弾:グループで行く旅もいいけど、一人旅も悪くない!?

tai

 もうすぐGW! 今年は2日間休めば9連休ですね。ただ、気がついたらもう1カ月前となりました。

 やっぱり海外に行って、思いっきり騒いでリフレッシュしたい! だけど、まだ何も計画してない! その上、航空券は高くなってきているし、今から一緒に行ける友達もなかなか見つからない...。

 そんな皆さんに耳寄り情報です!

 GWはあえて出社して休んでいる人の分まで働き、その翌週に2日休んで、タイのとある島のビーチで行われる”秘密のパーティー”に行ってみるのはいかがでしょうか?

tai

満月の夜だけ開催される秘密のパーティー"フルムーンパーティー"

 タイ・パンガン島で満月の夜だけ開催される秘密のパーティー”フルムーンパーティー”をご存知でしょうか?

tai

 フルムーンパーティーは、スペインのイビサ、インドのゴアと並んで世界三大レイブ(屋外で行われるダンスパーティー)と称されるイベントで、パンガン島のビーチで開催されます。ビーチにはオープンエアのクラブが軒を連ねており、流行りのEDMやクラブミュージックが爆音で流れ、欧米人を中心に毎回数万人が参加し、下は20代、上は50代・60代の方々まで皆が朝まで踊り明かします。

 そんな会場があるパンガン島へは、まずは日本からバンコク乗り継ぎで8時間のサムイ島へ行き、サムイ島からはボートに乗り換え20分。アクセスもそんなに難しくありません! そんな僕もパーティーピーポーの血が騒ぎ、一昨年12月にフルムーンパーティーに参加してきました。イベントの様子はこんな感じです。

 無料のアトラクションもたくさんあり、僕は「炎の大縄跳び」に挑戦しました(最後ご注目ください!)。

 こんな楽しいパーティーが、タイの離島で満月のたびに(ほぼ毎月!)行われているのです。

2017年フルムーンパーティーの日程

 そんなフルムーンパーティーは下記日程で行われています。この日の夜から翌日の朝までパーティーは続きます!

5月11日(木)、6月9日(金)、7月10日(月)、8月7日(月)、9月5日(火)、10月6日(金)、11月3日(金)、12月3日(日)、12月25日(月)※クリスマスパーティー、12月31日(日)※カウントダウンパーティー

 今年は残り10回も参加のチャンスがあるのです!

 ここまででフルムーンパーティーに参加したいと思った方は多いはず! では、実際にフルムーンパーティーに参加するには最低何日間の休みが必要なのでしょうか?

3日間の休みがあれば、東京から余裕で行ける!

tai

 パンガン島行きのボートが出ているサムイ島へは、東京からバンコク経由で8時間。東京からバンコクへは羽田空港深夜発の飛行機が出ているので、仕事終わりで羽田空港へ向かえば、休み1日目の昼頃にはサムイ島に到着することが可能で、その日の夜のフルムーンパーティーにも十分に間に合います。また帰りは、サムイ島を午前中出発すればその日のうちに帰国することが可能です。

 そのため、最低3日間の休みがあれば2泊3日でフルムーンパーティーを十分満喫することが可能なのです!

 例えば、GW翌週の5月11日(木)のパーティーに参加したいと思った場合、土日休みの企業にお勤めのOLの皆さんであれば、5月11日(木)、12日(金)の2日間休み+土日で参加出来ちゃうんです。
また6月、10月、11月ならパーティーが金曜日開催なので、金曜1日だけ休めば、金土日でフルムーンパーティーに参加することも可能です!

行ってみたくはなったけど、女性だけで行っても本当に大丈夫なの?

Samui

 どうですか? 今すぐにでも行ってみたい!と思ってる人も多いのではないでしょうか?

 でも、「治安が悪そう!」「深夜に帰れるのか不安!」「全員泥酔してて危なそう!」など懸念点がある人も多いのではないでしょうか。

 そんな心配は無用です! 僕が実際に参加してみて感じた感想は以下の通りです。

・満月なので明るい! お店もたくさんあるので治安も悪くない! 暗い夜道を歩く必要はありません。
・毎満月の夜にやっているため、イベントの仕切りが良く、帰りも困ることはありません!
 タクシーが真夜中でもたくさん走っています。
・参加者はほとんど欧米人! 観光客ばかりで地元の人は少なく安心です。

 これなら、女性だけでも行けそうですよね!

tabicorum

 タイで満月の夜だけ開催される秘密のパーティー・フルムーンパーティー。いかがだったでしょうか?

 さあ、勇気を出して行ってみてください。日本では味わえない楽しさがそこにはあるはずです!

【Profile】リーマントラベラー東松
東松 寛文(とうまつ ひろふみ)
1987年岐阜県生まれ。平日は広告代理店に勤務する傍ら、週末に世界中を旅しているサラリーマン。TOEICは505点につき、海外での会話は専らボディランゲージ。
2016年10月~12月は毎週末海外旅行に行き、平日は東京でサラリーマンをしながらも5大陸18カ国を制覇。「働きながら世界一周」を達成した。この記録は現在ギネス記録に申請中。

Blog▶:www.ryman-traveler.com

Facebook▶:www.facebook.com/ryman.traveler

Instagram▶:www.instagram.com/ryman_traveler

Twitter▶:www.twitter.com/ryman_traveler


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 6月30日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ