遠慮しすぎはNG! 男がご馳走したくなる女とワリカンさせられる女の差とは


デートに付きものなのが、「お会計時にどちらが払うか」論争。お会計時の言動は、互いの人間性が多少なりとも垣間見られるので、その後の恋愛関係の如何にも影響を及ぼしますよね。そこで今回は、デートの際に可愛く、かつ好印象におごられるためのあれこれをご紹介していきます!

fab21495196c6455c81594e8adff2cb4_s

●ポイントは、男性側が“気持ち良く”おごるかどうか

社会進出が進んだことによって女性たちのお財布事情が変わっても、「できれば男性におごられたい」と思っている女性はいまだに多いのが事実。そして、ある程度の人生経験を積んだ年上男性や、若くても仕事をバリバリこなしているビジネスマンの中には、「女性にお金を払わせるのはプライドが許さない」と考えている方も、少なくありません。

しかし、そういった男性ほど、「おごられて当たり前」と思っている女性は苦手ということがほとんど。要は、「女性なら誰でもおごる」のではなく、「気持ち良くおごりたいと思う女性にはおごる」ということなのです。男性の“気持ち良さ”を高める具体的なポイントは、最低限の遠慮や謙遜をしつつも、素直に食事の喜びやお礼を伝えること。

そこで絶対にしてはいけないのは、最初から「今日は僕がおごるよ」と言われていたとしても、値段を気にせずに高級なものをどんどん頼んだり、食事中につまらなそうにしていたり、お会計の時になってからわざとトイレに出たりといった行動。

これらは男女間だけでなく、仕事関係の仲間や友達との食事においても言えることですよね。当然ですが、一般的なマナーとしてNGなことは、男女間でもしないようにしましょう。

●遠慮しすぎないのも、気持ち良くおごられるコツ!

最低限の遠慮や謙遜はすべきですが、し過ぎるのもあまり好印象ではありません。

お会計時にありがちなのが、「じゃあ僕が」と言われた時に、「いえ、私が払います」というやり取り。この「僕が」「私が」を何度も繰り返すことで、気持ち良くおごりたい男性からは「面倒くさい女だな」と思われてしまうことも少なくありません。とはいえ、「はい、お会計お願いします」なんて言えないもの。それではこのやり取りは、何度やるのが良いのでしょうか。それは、1ターンで終わらせること。二度目の「いやいや、僕が払うよ」と言われたら、引いて「すみません、それではお言葉に甘えてご馳走になります。ありがとうございます」と素直にお礼を言うようにしましょう。遠慮をされ過ぎてお支払いを何度も断られると、男性としても良い気持ちではないはずです。

そしてこの時に注意したいのは、お財布を出すそぶりもなく、「私も払います」と口だけで済まそうとすること。これは「払う気がないのに言っているな」と思われてかなりのイメージダウンをする可能性があるので、絶対にやめましょう。美味しい食事と相手と過ごした楽しい時間に対しては、自分もしっかりと対価を支払う気持ちを持つ意識は忘れないようにしたいですね。

●猫なで声はNG! お礼を言う時にも気を付けたいこと

お会計時だけではなく、その後のお礼も気を付けたいポイントがあります。

「ご馳走さまでした」、「ありがとうございました」というお礼は、サッパリとした口調で言った方が良いでしょう。ここを甲高く猫なで声で言うと、なんとなくキャバクラ嬢やホステスさんとお客さんの関係性のように感じてしまう男性も少なくありません。おごった時だけテンションが高くなるように見えて、お金にがめつい女性だと思われる可能性もあります。

そして「おごってもらっちゃってごめんなさい」「本当にすみません」といった謝罪の言葉も避けましょう。好きでおごっているのに、そんなに申し訳なさそうにされると男性側も恐縮してしまいますし、楽しくありません。

また「あれがすごく美味しかった!」といった食事の感想や、「次は私が出しますね」といった次回のデートを期待させるような言葉をかけることも忘れずに。素直にお礼や感想を伝え、さらには自分とあくまで対等であることを提示してくれる女性には、男性も「可愛げのある人だな。次も一緒に食事したい」と思うはずです。

●「おごられる=脈アリ」サインだという自覚も持って

ここまでは、相手側の男性から好印象を持たれてその後の関係も継続したい場合における、おごられるコツをご紹介してきました。基本的に、おごるということは相手に甘えさせるということ。デートにおいて男性は「相手におごる=相手も自分に脈がある」と思うからです。

そのため、「この男性は自分とは合わない」「お付き合いはナシかな」と感じた時には、少額だとしてもお金を支払い、相手に甘えない姿勢を見せることも必要です。一度デートでおごられてしまうと、次に誘われた時は断りづらくなってしまうこともあります。そんなこともデートマナーとして念頭に入れておくことも、大人女子としての心得でしょう。

春は新しい出会いがたくさんある季節。「素敵だな」と思っている男性とデートに行く際には、是非今回ご紹介したことを参考にしてみてくださいね。

(富士みやこ)


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 10月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ