ブルゾンちえみ、平野ノラ、尼神インター… 彼女たちが30代女子に人気なワケ


入れ替わりが激しいと言われる芸能界。最近では、芸人の世界でも活躍する女性たちがどんどん登場していますよね。そこで今回は、注目の女性芸人をピックアップ。特に同じ女性から人気を集めている秘密について探ります。

e5c241418b41ca6ae9b35425855829a0_s

●三つ巴状態! 90年生まれの女性ピン芸人

まずご紹介するのは、1人コントを繰り広げる女性ピン芸人のこの3人です。

2016年にすでに大ブレイクした女性芸人と言えば、“イラっとくる女子ものまね”が多くの女性から共感されている横澤夏子さんが思い当たりますよね。そして、今年の注目としては、先日第47回NHK上方漫才コンテストで女性ピン芸人初の優勝を果たしたゆりやんレトリィバァさん、さらには“キャリアウーマン”ネタで大ブレイク中のブルゾンちえみさんがいます。

この3人、実は全員が1990年生まれの現在26歳であり、また横澤さんとブルゾンさんのご両親は教員、ゆりやんさんも関西大学卒業とインテリな生い立ちという共通点があります。そのせいか、3人ともネタの中でも、汚い言葉でまくし立てたり、ギリギリの下ネタを言ったりといったことはせず、声のトーンや動作はどことなく上品な印象がありますよね。そういうポイントも大人女子に受け入れられている要因のひとつかもしれません。

また、この3人が同じ女性たちからウケている理由の一つに、クラスの中にいそうな、普通で真面目な女の子が変なことをやっているような可笑しさがあるのでしょう。自分と同世代の女の子がたった1人で頑張っている様子も、視聴者層の女子心としては応援したくなる所以です。

顔の大きさや体のぽっちゃりさをいじられても、男性芸人のように激しくツッコむのではなく、恥ずかしそうに否定したり穏やかに返答したりといった立ち居振る舞いに好印象を持つ人も多いはず。そんな幅広い層に受け入れられる要素が、新世代の女性ピン芸人のキーワードとなっているのかもしれません。

●キャラの裏にある素顔もテレビ受けする要因に

横澤夏子さんに続いて昨年大ブレイクした女性ピン芸人と言えば、バブルネタの平野ノラさんがいますよね。平野さんも時代錯誤なキャラクターで笑わせてくれるものの、バブル時代のイイ女キャラを徹底していて、どことなく大人の上品さを醸し出しているという点では共通しています。

それに加え、奇抜なキャラの裏にある素顔も注目されている点の一つと言えそうです。芸人になる夢を諦めきれず、31歳でお笑いの養成所に通い始めたという遅咲きの平野さんは、実は芸人を志す際には「私は結婚も出産もできない」と色々なものを捨ててきた過去があるんだとか。そんな中、ブレイク前から支えてくれた彼氏から先日、テレビ番組内で公開プロポーズをされて承諾しました。

人生の挫折を経験した後に、仕事や恋愛の幸せを手に入れているというこのドラマチックなシンデレラストーリー。今年39歳になる平野さんに、多くのアラサー、アラフォー女性が勇気づけられているというのも、人気の秘密なのかもしれません。

さらには、濃いメイクの中に潜む平野さんのすっぴんを検索する人も多数いるんだとか。この、「メイクを落としたら美人では?」「痩せたら実は美人では?」という素顔の期待感は、最近の女性芸人の大きな魅力となっていますよね。

先日のR-1グランプリでも、ブルゾンちえみさんがネタを飛ばしてしまい、結果発表の前に涙を流すというハプニングが話題になりました。男性が多い芸人の世界の中、濃いメイクやキャラといった鎧をまとって戦う強さの中で、垣間見れるすっぴんの美しさやポロっとこぼれる弱さといった女性らしさが、男女問わず多くのファンを獲得している理由なのでしょう。

●“女”を売りにするか、しないか 気になる2組の女性コンビ

最後に注目したいのは真逆とも言えるネタを武器にする女性コンビ、尼神インターとAマッソをご紹介します。

2017年にブレイクする女性コンビに、尼神インターと挙げる方も多いのではないでしょうか。ピンクのパーカーを着た乙女チックなボケの誠子さんと、ヤンキー風の渚さんのコンビです。

ネタは、おブスキャラな誠子さんがなりきる可愛らしい女の子に、男前な渚さんが思いっきりツッコむスタイル。さらに2人は、乳首を洗濯ばさみで引っ張るといった体を張った芸や、ドキツイ下ネタもオープンに話す姿も。女だからこそ盛り上がるネタや、女の哀しさや面白さを前面に押し出した2人は、幅広い世代の女性からの人気が急上昇しています。

そして、2人ともショートカットとシンプルカラーのコーディネートというメンズライクな風貌のAマッソは村上さんと加納さんによるコンビ。コテコテの関西弁ながらワードセンスや流暢な喋りが光る2人の漫才は、男性コンビがやっていても面白いほど、まさにジェンダーレスなんです。

女子のあるあるや女性受けを意識したネタはほとんどやらない真っ向勝負な潔さは、今の女性芸人界においては貴重な存在としてお笑い好きからの評価も高いんだとか。今年はこの、真逆とも言える2組が、“次に来る”女性お笑いコンビとして注目されていきそうです。

2017年は次世代の女性お笑い芸人がひしめき合い、テレビをさらに盛り上げてくれそうです。皆さんも気になる女性芸人さんのネタは是非、チェックしてみてくださいね。

(富士みやこ)


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 4月21日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ