相席屋や街コンはもう古い!  新・婚活は「体験×地域活性」がキーワード


近年では街コンや相席屋など、様々な婚活がブームになっています。実際にこれらに参加しても、なかなか良い結果が出なかった女性も多いはず。本気で結婚を考えている人にぜひチェックしてほしいのが、今年の婚活トレンド! そんな所に出会いが?と思わず驚く良い出会いがあるかも。2017年注目の婚活をご紹介します。

propose

●カップル成立率の高さでキャンセル待ち続出

最近の婚活市場では、地方の自治体も応援してくれる“地域活性化”がポイント。男女が一緒にお酒やご飯を楽しむといった軽い触れ合いではなく、“旅行気分で楽しめる”などの非日常的な体験ができる婚活が人気を集めています。

さらにそうした婚活の場では参加する男性たちもしっかりした身持ちの方が多く、真剣な結婚を考えている男女が多いという声もあるんです! そんな中でまずご紹介するのは、小田急トラベルが全面協力している「ロマンスカー婚活」。カップル成立率が高く、すでにキャンセル待ち続出の人気婚活となっています。

romans

新宿や海老名から箱根までの日帰り旅を楽しめるロマンスカーを、まるまる1車両貸し切って行われるこちらの婚活。男女ともに定員が20名ずつというのも、ちょうどいいですよね。ロマンスカー車内では5分ごとの席替えで男女2対2のトークが楽しめ、箱根に着いたらホテルでの昼食とグリーティングトーク、箱根神社の参拝や大涌谷の散策を経て、夜には自由解散、といった濃密なスケジュールが組まれています。

カップル成立をした男女には、小田急グループやハイアットリージェンシー東京による旅行や宿泊の割引特典、さらにはハネムーン旅行の際には記念品贈呈などかなり手厚いサポートもあるんです! カップル成立率が高いのは、このように箱根旅行を楽しめるだけでなく、一日の旅を通してしっかりと互いの人となりが知れ、カップル成立後の楽しみもあるからでしょう。旅好き、電車好きなど様々なタイプの男性が参加しているというのも人気の秘密のようです。

●農業体験で素の部分が知れる!

田舎志向や地方移住、さらにはオーガニックブームなどに乗って、若い世代からも高い人気を集めている農業体験。そんな農業体験と婚活を掛け合わせたのが、「畑婚活」です。「農コン」や「婚活畑」など、様々な言い回しもあるようです。

575cecb9020ccca8e59ff80ed6a969b9_s

畑婚活は、主に都心部の独身男女を対象に千葉県の畑で行われることが多いのだとか。旬の野菜を皆の共同作業で収穫することで自然なコミュニケーションが生まれ、また青空の下、屋外という空間で開放的な気持ちで時間を過ごすこともできるのが何よりの魅力となっている婚活です。

また、野菜を収穫できるだけでなく、その食材を使っての料理や動物たちとの触れ合いなど、様々な体験ができるプログラムもあります。団体で諸々のイベントを体験した後はもちろん、1対1のトークタイムも。

ホテルや飲食店での婚活パーティーだと、服装やマナーなどが非日常であり、また見た目やトークスキルのみで評価されがちですよね。それらと比べて素の部分が出やすい農業体験は、より早くお互いの性格が知れるだけでなく、男女が打ち解けられる特徴があるため、カップル成立率も自ずと高くなっているようです。

●自分が結婚生活に求めているものは何かを悟る

最後にご紹介するのは「悟り婚活」。東京都豊島区の池袋にある真言宗豊山派金剛院にて定期的に行われている婚活です。

meisou

豊島区エリア活性化の一つとして新婚カップルたちが「住みたい」「住み続けたい」と感じる街づくりを目指して行われているこちらの婚活。目的は、縁結びにご利益がある金剛院にて、ただやみくもにたくさんの異性と出会ったり婚活パーティーに参加したりするのではなく、今一度パートナーや結婚生活に求めるもの、さらには自分自身と向き合う“悟り”を開くことで、真剣な婚活を見つめ直すというもの。

住職による説法や写経タイムもあるので、それだけでも貴重な体験ができます。しっかりと自分を見つめ直した後には、参加者同士の1対1トークの時間が設けられており、参加前よりもしっかりとしたビジョンで相手を見極めることができるはず!

今年こそ本気の結婚相手を探している皆さんは、今回ご紹介した婚活を是非チェックしてみてくださいね!

(富士みやこ)


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 6月23日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ