独身女子ものに異色ホームドラマ…2017年冬スタートの新ドラマを総チェック!


2016年のヒットドラマと言えば、“恋ダンス”も話題沸騰だった「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)でした。近年は視聴率低迷が話題になりがちですが、ドラマブーム再熱とも言えるほどの盛り上がりで多くのドラマファンが復活したのでは? さて今年はどんなドラマが社会現象になるのでしょうか。1月スタートのドラマを総チェックしちゃいます!

666566d1414e02b4e5e7a87a1297e363_s

●注目は、30代独身女子のリアルを浮き彫りにするこの2本

まず、シティリビングWeb的に注目したいのは、30代独身女子のリアルを描いた2作品です。「東京タラレバ娘」(日テレ・水曜22時)は、東村アキコの大ヒット同名漫画をドラマ化した作品。「キレイになったら良い男ができる」「好きになれれば結婚できる」と、「~たら、~れば」を愚痴にして女子会ばかりしていた30歳の独身女子3人(吉高由里子、榮倉奈々、大島優子)が、幸せを求めて奮闘する姿を描きます。

原作漫画は第1巻が発売されるや否や、「心に刺さる!」と独身女性の共感を集めた作品というだけに、ドラマではどのような“女子のリアル”を描いてくれるのか注目です。坂口健太郎、鈴木亮平、平岡祐太、田中圭など、彼女たちを取り巻く男性たちを演じるイケメン俳優陣からも目が離せません。

また「カルテット」(TBS・火曜22時)は、あの「東京ラブストーリー」脚本の坂元裕二が描く、上質な大人のラブストーリー。松たか子、満島ひかり、松田龍平、高橋一生らが演じる夢が叶わなかった30代の音楽奏者たちが、冬の軽井沢で共同生活を送っていく中で自分たちの人生について見つめ直していきます。主演の4人の魅力とともに、音楽、ラブストーリーの中にも笑いやヒューマンサスペンスの要素が折り重なっているということで、早くも今期ドラマ1番の独特さを醸し出しています!

その他の恋愛系ドラマ注目作は、本郷奏多演じるラブホテルのマネージャーが恋に迷える男女に恋愛指南をしていく「ラブホの上野さん」(フジ・水曜26時25分)。原作は、ラブホテルに関する実際のエピソードや恋愛テクニックを紹介するTwitterの投稿がきっかけで連載がスタートした漫画作品。ドラマを見れば、明日使える恋愛テクを学べるかも⁉

また、今期の月9には同名の少女漫画が原作の「突然ですが、明日結婚します」(フジ・月曜21時)。結婚願望が強いバリキャリ系のOL、高梨あすか(西内まりや)と、結婚したくない“嫌婚男子”の人気アナウンサー、名波竜(flumpool山村隆太)の、複雑で滑稽なラブストーリーです。

今期ドラマの中で唯一の“ドロドロ系”は、「奪い愛、冬」(テレ朝・金曜23時15分)。婚約者の康太(三浦翔平)がいながらも、蘭(水野美紀)という妻を持つ元カレの森山(大谷亮平)に惹かれてしまう光(倉科カナ)という愛と嫉妬にまみれた四角関係を、ノンストップで描き出します。

●女優と芸人、名脇役6人、中卒家族…異色すぎるホームドラマたち

多様な家族や暮らし方が問われている現代。社会同様“ホーム”ドラマも、単なる幸せな家族だけを描くだけではなくなっています。「住住」(日テレ・火曜25時29分)は、バカリズム、オードリー若林、二階堂ふみがそれぞれ本人役で出演するシチュエーションコメディ。もしも3人が同じマンションの同じ階に住む仲良し3人組だったら、という設定のもと話が進んでいきます。3人の織りなす、演技なのかわからないほどリアルで不思議な空気感も新感覚で楽しめるはず!

遠藤憲一、大杉連、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研という、日本を代表する“名脇役”俳優陣が主役を務めるのは「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」(テレ東・金曜24時12分)。映画の役作りのために強制的な共同生活をさせられた6人の俳優たちを描きます。渋くて格好良いのに、どこか面白い6人が暮らす“中年のテラスハウス”が、どのようなことになるのか、期待大です!

昨年大ブレイクした波瑠が主演するのは、「お母さん、娘をやめていいですか?」(NHK・金曜22時)。親友のように仲の良かった母(斉藤由貴)と娘が、娘の恋人(柳楽優弥)をきっかけに、母親から逃れられない呪縛や娘の恋人への嫉妬など、複雑に絡み合う愛情が暴走していくさまを描くモンスターホームドラマです。妻と娘の関係性に悩む父親役は、寺脇康文が演じます。

そして家族と仕事の在り方を問うのが「就活家族~きっと、うまくいく~」(テレ朝・木曜21時)。父(三浦友和)、母(黒木瞳)、娘(前田敦子)、息子(工藤阿須加)と、家族全員が“就職活動=就活”をすることになってしまった一家に襲い掛かる現実と家族が見出す希望を描き出します。「下剋上受験」(TBS・金曜22時)は、中卒の父親が、偏差値41の娘と二人三脚で最難関中学の受験に挑んだ奇跡の実話を基にした作品。阿部サダヲ、深田恭子演じる中卒夫婦が、娘のために人生の下剋上を目指して奮闘します。また、藤子・F・不二雄原作の「スーパーサラリーマン佐江内氏」(日テレ・土曜21時)は、突然スーパーヒーローになってしまった平凡な中年サラリーマンの佐江氏内さん(堤真一)が、世界平和と鬼嫁(小泉今日子)や娘、息子たち家庭問題の間で板挟みになるコメディ。

どれもひとクセもふたクセもあるホームドラマばかりなので、どれかひとつはお気に入りの作品が見つかるはず!

●SMAP解散直後に始まる、木村拓哉&草彅剛主演ドラマは?

SMAP解散騒動で揺れた1年だった2016年。今期から早くも、各メンバーの主演ドラマもスタートし、いよいよそれぞれのソロ活動に注目が集まりそうです。

木村拓哉が一流の技術を持つ外科医を演じる「A LIFE〜愛しき人〜」(TBS・日曜21時)。病院内でうごめく複雑な人間関係を繊細に描きながらも、医療や人の命の在り方を正面から問いただす、ヒューマンラブストーリーです。他キャストは、竹内結子、松山ケンイチ、浅野忠信、木村文乃、及川光博、菜々緒といった豪華な顔ぶれです!

一方、「嘘の戦争」(フジ・火曜21時)で復讐の鬼と化した詐欺師を演じるのは草彅剛。2015年の1月クールで放送された「銭の戦争」に続く、“草彅剛の復讐シリーズ”第2弾です。母と弟を殺し、父を犯人と仕立て上げた真犯人への復讐として、詐欺師ならではの罠を仕掛けていくスリリングな展開に目が離せない! 藤木直人、水原希子、安田顕らが脇を固めます。

その他にも、柴咲コウが、国を追われた許嫁を一途に愛し、後に彦根藩の藩祖となった井伊直政を育てたおんな領主の井伊直虎を演じる今年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK・日曜20時)、アドラー心理学を解説した大ベストセラーの同名書籍を原案に、人から嫌われることもいとわない女性刑事(香里奈)の生き方を通して、自由で幸せな生き方を問う刑事ドラマ「嫌われる勇気」(フジ・木曜22時)など、女性が気になるドラマが盛りだくさん!

皆さん、気になる作品は見つかりましたか? 今年の冬はおうちにこもってドラマ漬けも悪くないかもしれないですよ。

(石狩ジュンコ)


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 10月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ