意外と穴場! 冬のあったか沖縄旅でリーズナブルに海とパワースポットを独り占め


日本が世界に誇るリゾート地、沖縄。そんな沖縄旅行のベストシーズンと言えば夏だけを想像していませんか? 実はあまり知られていませんが、沖縄は冬こそ旅をするにはオススメの時期なんです。今回はその魅力をご紹介します!

sea1

●オフシーズンならではの魅力の一番は安さ!

多くの観光客でにぎわう夏と違って、冬の沖縄はオフシーズンということで混雑が少なく、旅するにはメリットがたくさんあります。

soba

そして何と言っても費用面。最も観光客が集中すると言われている8月のお盆前には、往復航空券が10万円前後になることも。旅費でこれだけの金額がかかってしまうと、現地でも食費やホテル代を気にして思う存分楽しめず、旅の気分が滅入ってしまいますよね。さらにこの時期は、ホテルやレンタカー等の予約も全く取れない状態になります。しかしオフシーズンは、上記の半額以下がだいたいの目安なんです。

sisa

さらに、格安航空会社(LCC)を使用すればさらに安い費用で行ける可能性も! ちなみに筆者は11月後半に沖縄に行こうとした際にLCCのサイト等で格安チケットのチェックをし、約1か月半前の予約で往復航空券(成田~那覇)を1万円以内でゲットしたことがあります。

「1月、2月あたりに沖縄に行こうかな」と考えている人は、まだまだ格安チケットを手に入れるチャンスはありますよ! オフシーズンを狙うこと、そしてたくさんの会社を比較して早めに予約することが沖縄リーズナブル旅の肝心です。

●沖縄最高のパワースポットでエネルギーを注入して

冬の沖縄では人混みを避けられるからこそ、しっとりとパワースポットを巡るのがオススメです。チェックしておきたいのは、2000年に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として首里城跡などとともにユネスコの世界遺産に登録された、南城市の「斎場御嶽(せーふぁうたき)」。

sefa1

斎場御嶽は、琉球王国の創世神であるアマミキヨがつくったと言われる最も格の高い聖地。国家的な祭事や祈りが行われてきたとても神聖な場所として知られています。さらに周囲の森林は最も優れた森林のひとつとして古くから地元の人が守ってきたという、沖縄最高のパワースポットとも言える場所なんです。

sefa2

斎場御嶽の中に入ると、二つの巨大な岩が重なっている荘厳な三庫理(さんぐーい)や神の島を呼ばれる久高島を望む拝所、鍾乳石から零れ落ちる聖水を受け止める壺など、神秘的な見所がたくさん。沖縄の歴史を感じられるとともに、心を静め、自然の声に耳を傾けてゆっくりとした時間を過ごすことできっと何かを感じられるはずです。

●気温も暖かくてコートいらず! 運が良ければ海にも入れるかも

その他のおすすめポイントとして、一年を通して気温が高い沖縄では、12月~2月の間でも最高気温が20度前後、最低気温が15度前後と、夜に軽く羽織るものがあれば昼間は半そででも過ごせるくらい暖かいことも見逃せません。

さらに沖縄に台風が接近することが多い7月~9月に比べて、冬の時期は降水量も少なく、急な雨に降られて旅が台無しに…なんてことも比較的避けやすいと言えるでしょう。

sea2

また冬の海は、夏に比べて透明度が高いと言われています。場所によっては人混みが少ないきれいな沖縄の海を、独り占めすることもできるんです。また水温が20度以上ある時にはウェットスーツ等を着れば、海に入ることだって不可能ではないんですよ。

ゆったりと海やパワースポットを楽しむことができる冬の沖縄旅。皆さんも穴場な今の時期を狙って、ぜひ旅に出かけてみてください。

(石狩ジュンコ)


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 2月24日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ