いま注目の「ハンサムメイク」でこの冬はキリリと格好良い美人顔に!


今年の春夏は、去年から大人気の、赤やピンクをメインカラーとしたふんわりと可愛らしい「おフェロメイク」がトレンドでした。一方でこの秋冬は真逆の印象を与える「ハンサムメイク」が流行中なんどか。ハンサムメイクとは一体どんなメイクなのか、ご紹介します!

handsome

●ハンサム眉は太く凛々しく!

ハンサムメイクとは、海外のモデルさんに多く見られる、キリっと格好良い印象を与えながらも女性らしい色気も備わったメイク。そのポイントはズバリ「立体感」です。

まずは眉毛。眉頭をしっかりと強調しつつ、全体は直線的で太めにまとめるのがハンサム眉の特徴。普段、眉毛を細めにしている人は「少しボサっとしているかな?」と感じるくらいでちょうど良いんです。

そして眉毛の色は、髪色よりも少し暗めで調整するとなおGOOD。薄めのブラウンにすると、ふんわりとした優しい印象になってしまうので、思い切ってダークなブラウンか黒系のグレーなどをチョイスしましょう。

●小顔に見せる!ハンサムチーク

そして、可愛らしくなれるため明るいピンクに手を出してしまいがちなチークですが、ハンサムメイクではオレンジやベージュが主流。

オレンジやベージュなどで頬骨を強調することによって顔全体に陰影をつけ、立体的でシャープに見せることができます。小顔効果もバッチリ! チークの入れ方は、頬骨の少し下あたりから斜め上に向かって軽く入れてみてください。

このチークが濃すぎると、ゲッソリと痩せている感じに見えてしまうので、あくまで軽~く入れることがポイント。頬骨の影を作るイメージです。

●目元とリップはスモーキーカラーで大人な印象に

そして目元は、キリリと囲み目メイクで芯のある女性をイメージさせましょう。ただ、真っ黒く囲んでしまうとちょっと古臭い感じがしますよね。トレンドは、スモーキーカラーのアイシャドウで抜け感を出すこと。ブラウン、カーキ、赤系ボルドーなど、その日の洋服と合わせてシャドウで遊んでみても素敵ですよ。

さらにリップもスモーキーカラーが基本。鮮やかな赤や明るいピンクではなく、ダークな赤紫系をチョイスしてみてください。目元と相まって大人の女性らしい、色気を演出することができますよ。

いかがでしたか? 皆さんも是非、今年の冬はハンサムメイクに挑戦してみてください♪

(富士みやこ)


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 5月26日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ