篠田恵里香弁護士のOLかけこみ法律相談所/交通事故で欠勤、給料の補償は?


篠田恵里香弁護士のOLかけこみ法律相談所

男女の恋愛トラブルや会社での嫌がらせ、友だちとの金銭トラブルなど、どうしたら良いのかわからず、ひとりで抱え込んでいませんか? 周りの人には相談しづらい悩みこそ、法律のプロに相談しましょう! 経験豊富なアディーレ法律事務所の敏腕弁護士が、悩みをスッキリ解決しますよ!

  • 交通事故に遭ったとき、
    仕事を休んだ期間のお給料はどうなるの?

    【40代の女性からご相談】
    私が住んでいるマンションは、目の前が大きな国道です。先日、仕事から帰るとマンションの近くに人だかりができており、車と自転車がぶつかる事故が起きたということでした。しかも、自転車の女性は、同じマンションに住んでおり、私と同年代の人だったというのです。幸い、命には別条がなかったそうですが、しばらくは松葉杖姿を時々見かけました。私は立ち仕事なので、もしも足を骨折するような事故に遭えば仕事ができなくなってしまいます。両親は早くに亡くなり、頼れる家族も近くにはいません。事故に遭ったら慰謝料や治療費が出るのは知っていますが、仕事を休んだ間のお給料なども請求できるのでしょうか?

  • 休業損害の計算方法は?

    交通事故に遭い、「事故によって仕事ができなかった」という場合は、これによって減った給料減額分も「休業損害」というかたちで請求できます。

    休業損害は、「その人の収入(事故前3カ月又は事故前年)」を基礎に、月収を30で割る、年収を365で割る、といった方法により、日額基礎収入額を算出し、「どのくらいの間休んだか」を掛け合わせることによって計算します。例えば、事故前3カ月の給与平均が30万円の場合、5月11日~7月末まで(82日間)会社を休むと、30万円÷30×82=82万円が休業損害として請求できることになります。
    ただし、事故によって会社を休まざるをえないという相当性と、収入が減少したという事情がなければ、休業損害は請求できませんので注意が必要です。

次のページへ

アディーレ法律事務所 篠田 恵里香(しのだ えりか)弁護士
東京弁護士会所属。東京を拠点に活動。債務整理をはじめ、男女トラブル、交通事故問題などを得意分野として多く扱う。
また、離婚等に関する豊富な知識を持つことを証明する夫婦カウンセラー(JADP認定)の資格も保有している。
外資系ホテル勤務を経て、新司法試験に合格した経験から、独自に考案した勉強法をまとめた『ふつうのOLだった私が2年で弁護士になれた夢がかなう勉強法』(あさ出版)が発売中。
『Kis-My-Ft2 presentsOLくらぶ』(テレビ朝日)や『ロンドンブーツ1号2号田村淳のNewsCLUB』(文化放送)ほか、多数のメディア番組に出演中。
■ ブログ「弁護士篠田恵里香の弁護道」
http://ameblo.jp/erika-shinoda/

Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 6月30日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ