篠田恵里香弁護士のOLかけこみ法律相談所/面識もない、離婚した父親の遺産を相続することに!?


篠田恵里香弁護士のOLかけこみ法律相談所

男女の恋愛トラブルや会社での嫌がらせ、友だちとの金銭トラブルなど、どうしたら良いのかわからず、ひとりで抱え込んでいませんか? 周りの人には相談しづらい悩みこそ、法律のプロに相談しましょう! 経験豊富なアディーレ法律事務所の敏腕弁護士が、悩みをスッキリ解決しますよ!

  • 小さい頃に離婚した父親の遺産を
    私自身が相続するなんてことがあり得るのでしょうか?

    【30代の女性からご相談】
    私の両親は、私が小さいころに離婚しており、母は女手ひとつで私を育ててくれました。父には一度も会ったことはありません。先日、そんな父が亡くなったと再婚相手の女性から連絡がありました。「顔も覚えていない父の葬儀には出ません」と返事をしたところ、「葬儀にはでなくても構わないが、遺産相続に関して話し合いたいので一度こちらへ来てほしい」と言われたのです。一度も会ったことがなく、しかも父は再婚して他の家庭を築いているのに、私が相続することってあるのでしょうか?

  • 離婚した父親の相続権なんてあるの?

    離婚した父親の顔も知らないのに、いきなり「相続」と言われてもピンとこないかもしれません。しかし、両親が離婚しても原則として、法律上の「父子の親子関係」は残ります。したがって、離婚した父親と全く面識がなくとも、法律上は、相続権が発生することになります。

    仮に、6歳未満時に、「特別養子縁組」のかたちで、新しい養親(再婚相手など)との間で養子縁組をするとともに実父との親子関係を消滅させていれば、養親子(養子縁組による親子)関係のみが残っている状態となります。この場合、実父との間では、親子関係はなくなり、相続も発生しないことになります。
    しかし、今回はそのような事情もないようなので、離婚した父親と相談者の方とはいまだ「親子」と考えられます。したがって、実父が他界した以上、相続権が発生することになります。

次のページへ

アディーレ法律事務所 篠田 恵里香(しのだ えりか)弁護士
東京弁護士会所属。東京を拠点に活動。債務整理をはじめ、男女トラブル、交通事故問題などを得意分野として多く扱う。
また、離婚等に関する豊富な知識を持つことを証明する夫婦カウンセラー(JADP認定)の資格も保有している。
外資系ホテル勤務を経て、新司法試験に合格した経験から、独自に考案した勉強法をまとめた『ふつうのOLだった私が2年で弁護士になれた夢がかなう勉強法』(あさ出版)が発売中。
『Kis-My-Ft2 presentsOLくらぶ』(テレビ朝日)や『ロンドンブーツ1号2号田村淳のNewsCLUB』(文化放送)ほか、多数のメディア番組に出演中。
■ ブログ「弁護士篠田恵里香の弁護道」
http://ameblo.jp/erika-shinoda/

Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 4月21日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ