篠田恵里香弁護士のOLかけこみ法律相談所/不倫には“時効”があった!? 慰謝料請求できる時効は●年


篠田恵里香弁護士のOLかけこみ法律相談所

男女の恋愛トラブルや会社での嫌がらせ、友だちとの金銭トラブルなど、どうしたら良いのかわからず、ひとりで抱え込んでいませんか? 周りの人には相談しづらい悩みこそ、法律のプロに相談しましょう! 経験豊富なアディーレ法律事務所の敏腕弁護士が、悩みをスッキリ解決しますよ!

  • 離婚前からすでに不倫相手との間に子どもが…!
    離婚後でも慰謝料は請求できますか?

    【30代の女性からご相談】
    最近フェイスブックを始めたのですが、つい出来心で5年前に離婚した夫を検索してしまいました。
    元夫は再婚していて、新しい家族との写真を頻繁にアップしており、その中で、家族で息子のバースデーを祝う写真と一緒に「6歳おめでとう!」というメッセージが添えられていました。6歳ということは、まだ私と結婚している間に子どもが生まれていた計算になるのです。顔は元夫にそっくりで、彼の子どもであることにほぼ間違いありません。
    離婚は夫が言い出し、当時何を言っても心が変わらなかったため泣く泣く離婚したのです。それなのに嘘をつかれていたなんて…。
    絶対に許せません。5年も前の離婚ですが、元夫と奥さんに慰謝料を支払ってもらうことはできますか?

  • 5年前の不倫でも慰謝料請求できる?

    離婚の当時、すっかり騙されていたなんてショックですよね。この場合、慰謝料が請求できる可能性はあります。
    元夫も現在の奥さんも、あなたを裏切っていたことは承知していたでしょうから諦めずに請求してみることをお勧めします。

    まず、不倫の慰謝料請求には時効があって、「不貞行為の事実及び相手方を知ってから3年」というのが原則となっています。不貞行為が原因で離婚に至った場合は、離婚成立時から3年間となります。

    したがって、不貞が原因で離婚した場合、原則として離婚後3年間を経過してしまうと、慰謝料請求が難しくなるといえます。

    ただ、全く理由がわからず離婚させられたのに、後から不貞の事実と相手方を知ったという場合は、そもそも時効のカウントが始まっていないと判断される可能性があります。その場合、慰謝料請求が可能となります。
    仮に時効が完成していた場合であっても、相手にその後、「支払います」と承認させれば、その時点から3年間は時効が完成しないことになっています。

次のページへ

アディーレ法律事務所 篠田 恵里香(しのだ えりか)弁護士
東京弁護士会所属。東京を拠点に活動。債務整理をはじめ、男女トラブル、交通事故問題などを得意分野として多く扱う。
また、離婚等に関する豊富な知識を持つことを証明する夫婦カウンセラー(JADP認定)の資格も保有している。
外資系ホテル勤務を経て、新司法試験に合格した経験から、独自に考案した勉強法をまとめた『ふつうのOLだった私が2年で弁護士になれた夢がかなう勉強法』(あさ出版)が発売中。
『Kis-My-Ft2 presentsOLくらぶ』(テレビ朝日)や『ロンドンブーツ1号2号田村淳のNewsCLUB』(文化放送)ほか、多数のメディア番組に出演中。
■ ブログ「弁護士篠田恵里香の弁護道」
http://ameblo.jp/erika-shinoda/

Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 3月24日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ