正木裕美弁護士のOLかけこみ法律相談所/親の死後に借金が発覚…! 親の借金を相続放棄する方法は?


正木裕美弁護士のOLかけこみ法律相談所

男女の恋愛トラブルや会社での嫌がらせ、友だちとの金銭トラブルなど、どうしたら良いのかわからず、ひとりで抱え込んでいませんか? 周りの人には相談しづらい悩みこそ、法律のプロに相談しましょう! 経験豊富なアディーレ法律事務所の敏腕弁護士が、悩みをスッキリ解決しますよ!

  • 父親が亡くなった後に借金が残っていた場合、
    親の代わりに返さないといけないのでしょうか?

    【30代の女性からご相談】
    私の実家は、母が早くに亡くなり、父は小さな飲食店を経営しながら兄と私を育ててくれました。そんな父も、先日病気で息を引き取りました。
    父が亡くなって少し経ってから兄と一緒に実家を片付けに行き、「何か価値のあるものがあったら山分けしよう」と冗談半分で言っていました。ところが見つかったものは大量の督促状。実は私たちが思っていた以上にお店の経営は厳しいものだったらしく、巨額の借金があったのです。
    兄は昔から責任感の強いタイプでしたので、「親の借金はきょうだいで返していこう」と言うのですが、私にはたとえ半分にしたとしても、とても払いきれる額ではありません。しかし、兄の言うように、やはり私たちきょうだいが返していかなければならないのでしょうか?

  • いわゆる負の遺産は
    相続しなければならないの?

    お父さんはお子さんに心配をかけないよう、何も言わなかったのかもしれません。今回のように、相続のときに初めて借金を知ったというケースは実は少なくありません。今回は、お父様が亡くなってから3カ月以内なら、借金を背負わないという選択ができます

    そもそも「相続」とは、亡くなられた方(被相続人)の一切の権利や義務を引き継ぐ制度です。ですから、相続の対象になる財産は、預金や不動産といったプラスの財産だけではなく、借金のようなマイナスの財産も対象です。

    遺産については「遺言書づくりは今からでも遅くない!?」もあわせて読んでみてください。

    今回は、お父さんの財産は、遺産分割協議で特別の定めをしなければ、法律上は相談者の方と兄が各2分の1ずつの割合で相続します。つまり、お父さんの借金が1000万円なら、500万円ずつの借金を背負います。このように、無条件に相続する方法を単純承認といいます。

次のページへ

アディーレ法律事務所 正木 裕美(まさき ひろみ)弁護士
愛知県出身 愛知県弁護士会所属
男女トラブルをはじめ、ストーカー被害や薬物問題、ネット犯罪などの刑事事件、労働トラブルなどを得意分野として多く扱う。身内の医療過誤から弁護士の道へと進む。2012年には衆議院選挙に愛知7区より日本未来の党の公認候補として出馬し、「衆院選候補者ナンバーワン美女」とインターネットや夕刊紙で大きな話題を呼んだ。
■ ブログ「弁護士正木裕美のまっさき通信」
http://ameblo.jp/masaki-hiromi/
■ 離婚・慰謝料のトラブルのことなら
http://www.adire-rikon.jp/

Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 5月26日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ