こ、こんな時に! 教えて、 あなたの“パケ死体験”エピソード


リアルを晒せ! OL叫びのつぼ

月末に大量発生する“パケ死” どうなった? どう対策している?

SNS、ゲーム、動画、ニュースアプリなど、スマートフォンは絶対手放せない宝物という人も多いはず。スマホライフを楽しむために、最もはまりたくないのが、月間の契約パケット量を使い切って、速度制限がかかってしまう“パケ死”。あなた自身や友人たちもそのイライラを経験したことがあるのでは!? 今回は「OL叫びのつぼ/特別編」と題して、みんなのパケ死エピソードと対策法を紹介するとともに、パケ死しないプラン選びなどの極意を専門家に聞きました。

あなたはパケ死したことがありますか?

グラフデータ
  • よくある…28.6%
  • たまにある・ある…35.7%
  • 経験がない…35.7%

※有効回答数:112人 ※アンケート実施期間:2016/10/14~10/19

あなたが契約しているパケット量は?

グラフデータ
  • 5GB~7GB未満…24.1%
  • 3GB~5GB未満…20.5%
  • 7GB~10GB未満…14.3%
  • 1GB~3GB未満…13.4%
  • 1GB未満…3.6%
  • 10GB以上…2.7%
  • 分からない…15.2%
  • 契約していない…6.2%

※有効回答数:112人 ※アンケート実施期間:2016/10/14~10/19

パケ死あるあるエピソード集

  • ポケモンGOにハマってずっとやっていたらパケ死しました。そのあとレアポケモンが現れても捕まえられなかった…(うにぽん)
  • よりによってゲームのイベント中に速度制限がかかり、読み込みが遅くなっているあいだに攻撃されて負けた(ポッキー)
  • 買いたかった洋服の発売日にパケ死! スマホがちっとも反応しなかった。で、結局買えなかった(サーチャン)
  • 出張中に通信が遅くなってしまい、スマホでチケット購入がなかなか買えず、一人だけ次の新幹線で帰るハメになってしまった(モコモコ)
  • インターネット放送でリオオリンピックの男子体操を見ていたら、速度制限で金メダルの瞬間が見られなかった(グラグラ)
  • LINEの通知がなかなかこなくなり、待ち合わせに遅刻したりお誘いを結果的に無視してしまったり…(ちゃべ)
  • 外出の時に乗り換え情報が見られなかった。すごく頼りにしてしまっている事を自覚した(なしなしこ)
  • 夫とパケットをシェアしているのですが、私が使いすぎたせいで夫も速度制限がかかってしまい怒られました(ともちゃん2)
  • 初めて行く場所で、地図アプリが使えず迷子状態に。電話で聞きながら目的地にどうにか行けましたが、通話料金がシャレにならない額に(k-dama)
  • マンガアプリでついつい続きが気になって読んでたらダウンロードしすぎ(泣)。 残りの日にちはほとんどアプリは使わず、メールのみの使用で乗り切りました(むむっ。)
  • 営業職なので、移動中にスマホから業務サイトに繋いで入力をしていますが、せっかく入力していたものが速度制限がかかったせいで、「タイムアウト」で全部無効になってしまいました。電車の中で、叫びましたよ、マジで(まろまゆ)

明日は我が身!? 家族や友人のパケ死体験エトセトラ

  • 楽しみにしていたインターネット放送の サッカーの試合が見られなくて騒いでいた同僚がいました(モコモコ)
  • 友達が毎月通信速度制限にかかり、月末近くなると連絡が取りにくくなる。 原因は動画の見過ぎだそうで、動画の続きを観たくて我慢できないときはパケットを追加で買っているそう。 それならプランを変更すればいいのにといつも思う(ころころ)
  • ポケモンGOのやりすぎでパケ死したという知り合いがいます。今ではその人、キャラクターコンプリートしてます。(ちゃべ)
  • 私は仕事で使いすぎてパケ死したことがあるのに、毎月毎月動画を見すぎたり、ゲームをしすぎてパケ死する同僚がいる。 正直そんなに暇なのかなと感じる(ゆたんぽ)
  • 追加パケットの容量をチャージすぎて、結局余ってしまい後悔していた(ポッキー)
  • LINEのグループで写真やURLを送っているのに、パケ死している友達は読み込むのに時間がかかり、 話題に入ってくるのが遅れる(にちょうかい)
  • パケ死状態になり、参加中のネットオークションの終了時刻間際に 落札しそびれていた(たろたろ)
  • パケ死してからは インターネットを見ない寂しい時間を過ごしていました(きょうちゃん)

ぎりぎりアウトな手段も みんなのパケ死防衛策

  • そういえば、月末になると泊まりに来る友人が2人います。それって、Wi-Fi目的!?(テル)
  • 自宅では切り替えを忘れないために、自動でWi-Fi接続するようにしています(なしなしこ)
  • できる限りフリーWi-Fiのある所でつなぐように日々努力しています。制限がかかったらどんなに空腹でも家に帰らず駅構内のベンチでWi-Fiを拾う(IZUMI)
  • 動画やアプリのアップデートはWi-Fi環境以外ではしないようにする。ちょくちょく通信量をチェックする(ちなちゃん)
  • す、すいません! パケ死しそうな時は、フリーWi-Fiのある某有名カフェのすぐ前で、電波を拝借しています(KOBA)
  • 本当はだめなのですが…容量が重そうな動画は会社で休み時間に見たりしています(まっきぃ)
  • ネットサーフィンは月末の通信量があまったときだけにしている(とっけ)

パケ死のストレスから解放されるには?

  • パケ死のストレス対策に 家でのWi-Fi環境は必須です!(k-dama)
  • 一人暮らしなので家のインターネット固定回線はもったいないと思って契約していませんでした。でも、友人から「使い分けた方がいいよ」と勧められて自宅にWi-Fiを入れたら、スマホの使用パケット量を大きく減らすことに成功! スマホの契約パケットを一段階少ないものに変更することができました。今までは我慢していたYoutube動画も自宅のWi-Fiでパケットを気にせず見ています(あん)
  • スマホ初心者のころと比べて今は使うパケット量が増えたので、実状に合ったパケットプランに変更しました(あい)
  • 仕事でも使うし、動画もネットサーフィンも好きな私としては、パケット量を常に気にする生活はストレスなので、スマホのパケット量を多めのプランに変更し、家では光回線+パソコンでじっくりと楽しんでいます。もちろん、洋服代とか外食とかで節約も心がけていますよ!(nonnon)
  • 社会人1年生です。ちょっと申し訳ないですが、社会人になっても父親の支払いで、パケ死の心配がないパケット量で快適に暮らせています。感謝!(のっち)

パケ死と向き合ったからこそ、見えてきたもの

  • 日付が変わって、翌月になった瞬間、twitterのトレンドに「速度制限解除おめでとう」的なものやツイートがあふれていて、みんな頑張ったね!私も何とか乗り切ったよ!!っていつも思う(むむっ。)
  • 夫と子どもと一緒にシェアパックを契約しています。それぞれの使用量をチェックしたり、やりくりを相談したり、残りのパケットが少ないときは助け合ったりと、ある意味家族の会話が増えたかも!?(みやこ)
  • パケ死に耐えた弟は、意外にスマホがない生活もそれはそれで良いのかもと感じたらしいです。スマホがない事が想像出来ない今、ちょっと立ち止まって考えた瞬間でした(豊作ママ)
  • SNSに疲れた時があって、初めて「圏外旅行」をしてみました。地元の方とお話をしたり、星を見たり、郷土料理を一緒に食べたり。スマホが気になって仕方がなかった毎日の自分から解放されるのは新鮮でした。便利なものって、使いこなしているつもりが、ついつい支配されてしまうことも。なにごともメリハリなんだなーと気付きました。(あい)


おトクな大容量データパックが新登場! 
自宅のWi-Fi環境と併せてパケ死とサヨウナラ

解説者スズキマリコさん

解説者プロフィール

すずまりさん
IT、モバイル、健康(睡眠と食事)、家電ジャンルを中心に活動するフリーライター。「ケータイ Watch」「ITmedia Mobile」などのWebメディアにレポート記事を執筆中。主な著書に「Facebook Perfect GuideBook 改訂第4版」(共著)、「Kindle Fire HD仕事便利帳―1台を使い倒す196の活用法」など。

■コンテンツの進化で使うパケット量も増加

スマホのコンテンツがどんどん充実しており、知らず知らずのうちに使ってしまうパケット量も増えています。およそ3人に2人がパケ死経験者で、原因が動画やゲームと答えている人が多いことでもそれが分かります。

パケ死経験者の契約パケット量を見ると、半数以上が5GB以上の契約と決して少ない容量でありません。情報検索だけでなく、高画質の写真や動画をSNSに投稿する方も結構いるはず。最近ではネット中継も簡単にできるようになっていますし、電子書籍も定額で見られるようになっています。そうやってそれなりにスマホを活用している人が、ついつい使いすぎてしまうのでしょう。何をどれだけ使うとどれくらいパケット量を消費するか、感覚的につかむのは難しいものです。

アンケートでは約28%もの人が自分のパケット量を「確認していない」「確認方法が分からない」と答えていますが、まずは、自分が一か月にどれくらいのパケットを使っているかを把握することが大切です。

■自宅のWi-Fi環境はパケ死に効果的

パケ死しないための対策で圧倒的だったのは、外出先や自宅でのWi-Fiの活用でした。一人暮らしの方の中には、自宅でのインターネット回線は契約しないという人も少なくないですが、自宅でのスマホはもちろん、アプリのダウンロードや更新などをWi-Fi接続で行うのも、パケット節約のポイント。電子書籍を読む方も、Wi-Fi接続時に読みたい本をあらかじめ、まとめてダウンロードしておくことで、パケットを大幅に節約できます。

一方、パスワードなしで利用できるカフェなどの無料Wi-Fiでは、セキュリティ的にはリスクがあることを忘れないでください。

■朗報! 家族でも一人でも、大容量データパック「ウルトラパック」登場!

「外出先でも思いっきりスマホを楽しみたい。でも通信料金は抑えたい…」という声に応えて登場したのが、NTTドコモの大容量データパック「ウルトラパック」です。例えば、一人で加入の場合、従来の「データMパック(5GB)」に1000円をプラスするだけで、4倍の20GBまで使える「ウルトラデータLパック」に、3000円をプラスすれば30GBの「ウルトラデータLLパック」にプラン変更ができます。1GBのパケットを追加するのにだいたい1000円程度かかりますから、プラス1000円で4倍の20GBになることがどれだけオトクか、よくわかるのではないでしょうか? これなら、月末のスマホ利用も、今まで我慢していたコンテンツも、ガンガン楽しめるはずですよ。

また、家族でパケットをシェアしている場合も、従来のプランより有利な、「ウルトラシェアパック50(50GB)」と100GBまで使える「ウルトラシェアパック100(100GB)」が登場しました。こちらも家族の全員の使い方を考えて、検討の価値アリです。

「ウルトラパック」の詳細はコチラ(NTTドコモのホームページへ)

コモのおトクやベンリをまるごと紹介するスペシャルサイト「家族まるごとおトク計画」公開中

【PRESENT】
アンケートに答えると、抽選で商品券5000円分を20人にプレゼント!

今回の「OL叫びのツボ/特別編」はいかがでしたか?
スマホに関する簡単なアンケートに答えると抽選で20人に全国百貨店共通商品券5000円分をプレゼント!

応募締め切りは12月20日(火)


Back Numberバックナンバー

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 4月21日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ