若菜遊子さん

若菜遊子

わかなゆうこ

東京都出身

美容雑誌の編集者として激務と格闘しながら、日々のストレスを食で発散するアラフォー女子。 見ても食べてもテンションがあがる、ひと皿&スイーツを求めて情報収集とリサーチが日課。 Instagramでは、グルメ探訪はもちろん、撮影現場のケータリングや手土産なども更新中。
Instagramのアカウント:
asobukoyuko

New Articles

コスパ最強! お肉の魅力を存分に楽しめるとっておき焼き肉

コスパ最強! お肉の魅力を存分に楽しめるとっておき焼き肉


前回からシティリビングWebでグルメブログを始めさせていただいた、美容編集者の若菜遊子です。今回のグルメブログでは、男女問わず、テンションが上がる食の代表格、焼き肉をピックアップ。

いまや星の数ほどある焼き肉店の中から、かなりの勢いでリピートしているのが渋谷からほど近い、神泉にある三百屋お弐階。1階にはカジュアルな雰囲気ながら、芸能人やモデルも足を運んでいる大人気の焼き肉、三百屋が。その2階にあるのが今回紹介する三百屋お弐階。お肉の種類、味、魅力を存分に味わえる全7品のコースは、何度食べても満足度が高くて「やっぱりここ最強!」と思わずにはいられないお店。そんなこちらへは、肉好き&日々よく働く女子たちと定期的に通っています。

 

コースの1皿目は季節のナムル、キムチの盛り合わせ。箸休め感のあるナムル&キムチですが、こちらの前菜はめずらしい野菜を使ったナムルがおなじみで、お肉が登場する前に本気食いしてしまうことも。

 

そして、次に運ばれてくるのがお肉のお刺身。焼くお肉もいいですが生肉、かなり好きです! こちらではハツ、ミノの湯引き、赤みのお肉が定番。どれも新鮮で臭みが全くないので、生肉ビギナーの方にもおすすめしたいです。

 

いよいよ塩系の焼き盛りが登場! どのお肉も色が本当にきれいで、食べたい欲を刺激するヴィジュアル。タン塩、ミノ、しびれなど、ラインナップそれぞれの食感や味、旨みが異なっていて、食べ飽きない工夫がされているところもリピートしたくなる理由のひとつ。

 

焼きもの2皿目は赤身や厚みのあるお肉。見てるだけでテンションが上がる厚切りシリーズの中でも、感動的だったのはハラミ。肉汁たっぷりで口の中でずっと噛んでいたくなるほどの旨みの塊。みなさんの肉史に残る、期待を裏切らない絶品ハラミがきっと食べられるはず。

 

「三百屋お弐階」がすごいのは、ここからさらに王道のタレのお肉が出てくる。塩で食べるお肉もおいしいですが、やっぱり、タレの焼き肉食べたくなりますよね。

 

 

ここまでで十分大満足なコースですが、さらに〆のぞうすいとデザートつき。こんなに盛りだくさんで1人前の値段がなんと5千円!!!!! 自宅や会社から少しぐらい遠くても行く気になりますよね? 

 

個室もあるのでデートでもよし、肉好きな友人との女子会は盛り上がること間違いなし! 「三百屋お弐階」以上に、味も値段も大満足かつ、テンションアップする焼き肉店には出合えそうにありません。

 

三百屋お弐階
東京都渋谷区神泉町12-4 2階
03(6277)5505

http://www.sanbyakuya.com/onikai/


「美容編集者 若菜がリピート中!テンションアップのやみつきグルメ」 トップ

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 12月8日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ