若菜遊子さん

若菜遊子

わかなゆうこ

東京都出身

美容雑誌の編集者として激務と格闘しながら、日々のストレスを食で発散するアラフォー女子。 見ても食べてもテンションがあがる、ひと皿&スイーツを求めて情報収集とリサーチが日課。 Instagramでは、グルメ探訪はもちろん、撮影現場のケータリングや手土産なども更新中。
Instagramのアカウント:
asobukoyuko

New Articles

何を食べてもハズレなし! 西麻布の最愛ビストロ

何を食べてもハズレなし! 西麻布の最愛ビストロ


シティリビングwebをご覧の皆さま、初めまして若菜遊子と申します。 普段は美容雑誌の編集者として仕事に追われる毎日を過ごしているのですが、日々のグルメ活動をInstagramにアップしていたところ、シティリビングweb編集部の方の目にとまり、今月からこちらでグルメブログを書かせていただくことになりました。皆さま、末永くどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、記念すべきブログ第1回で紹介するお店は、このブログ連載が決まったときから「絶対にここ!」と決めていたビストロ、西麻布にあるLe Boutonです。これまでに何十回訪れたか、人気の美容家さんやアーティストさんを何人お連れしたかわかないほど、リピートしまくっている大好きなお店です。

日々のグルメ探訪は「見て&食べてテンションアップ」がキーワード。Le Boutonのお料理は、そのどちらもパーフェクトに満たしてくれるメニューばかり。

 

1番のお気に入りは、『ブラッティーナチーズ』と旬のフルーツ、ルッコラを合わせた冷菜。

夏の時期には桃、秋頃にはイチジクが組み合わされて、どちらも本当に絶品なんです! モッツアレラよりもクリーミーなブラッティーナチーズ、旬の果物の甘み、ルッコラの苦み、このバランスが本当にやみつき。

 

eg_170926_01

 

そして、こちらのビストロのスターター的なメニューが『フォアグラマカロン』。名前を聞いただけで、テンションあがりますよね♪ いちごやバニラのマカロン生地の間にフォアグラをサンド……それを口にした瞬間はまさに至福。こちらも毎回欠かさずオーダーします。

 

eg_170926_02

 

また、Le BoutonがWebや雑誌などで紹介されるとき、必ずといって掲載されているのがつなぎを使わない赤身肉のハンバーグ、『短角牛のアッシェドブッフ』。肉好き女子に是非食べてもらいたいひと皿で、ひと口目、塩とこしょうで短角牛の旨みを味わったら、今度は自家製ケチャップで、その次は粒マスタードをのせて……。というかんじで、最後のひと口まで美味しく堪能するのがお約束。

 

eg_170926_03

 

eg_170926_04

 

 

 

しかも、この自家製ケチャップ、濃厚だけどさっぱりとした味わいで店頭販売してほしいと願うほどのハイクオリティ。裏メニューになりますが、このケチャップを使った『ナポリンタン』を〆のひと皿にすることも。

 

eg_170926_05 

 

 

とにかく、どのお料理を食べてもハズレがなく、男女と問わず、誰と一緒に行っても喜ばれるビストロなので、女子会やデートで足を運んでもらえたらうれしいです。

 

Le Bouton
東京都港区西麻布2-15-1 1階
03(3797)3837

http://www.lebouton.jp/


「美容編集者 若菜がリピート中!テンションアップのやみつきグルメ」 トップ

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 12月8日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ