福岡

tomorrow

Profile

  • 地域:福岡
  • 職業:金融
  • ひょんなことから自分では絶対に選択肢に入れなかった業種・金融の世界へ。 相談を受けたり、たまにはセミナー講師もしたりの日々。 美容・健康・ファッションへの興味は強く、庶民的美容健康情報、グッズ情報を集めることが好き。 ファッションについてはご相談に来られた方に同行、アドバイスを差し上げることも。 ●好きな事● スキンケア、メイク、ファッション談義。 茶道・着付け・弓道をしていたことから、和に関すること。食べること。 健康のためのトレーニング。(健康はお金では買えません)

New Articles

  • banner

シティメイト

週刊トモログ

親の事、自分の事、考えてますか?


 

日に日に朝夕涼しくなってきましたね。

ただ、この季節は体調を崩す方も増えてきているようです。

皆さんもご自愛ください。

 

今日はちょっと真剣な話です。
ついつい後回しにしがちだけれど、実はとても大切な事、目をそむけては通れない事。

 

たまたまコンビニでみつけたので既にお持ちの方もいらっしゃるでしょうが、

親御さんのみならず、いつかやってくる自身の老後のことも

いきなり分厚い本を買って読むのは気が進まないでしょうから、

こういうコンパクトな本からであっても、知っておくのと知らないのとでは大きな違いですので

ご紹介と、私の仕事柄気になっていることについても含めて書いていきます。

 

高齢者の「もしも」一覧表

 サプライズBOOKとしていろいろなシリーズを出している

株式会社アントレックスから出ている、小さな本です。

高齢者の「もしも」一覧表

いつか必ずみんなにやってくること

 

先日の「しくじり先生」でも、年齢関わらずいつか訪れる死のことから

遺言、自分の万が一の際の希望を書き残す重要性を伝えていましたが、

 

自分が死んでしまえば、後始末は自分ではできません。

どんなにきちんとされた方でもです。

 

私は27の頃に、大学の同期が自宅で布団の中で亡くなったまま発見されるという経験をしました。
それも、6年ぶりにその同期とは再会し、一緒に写った写真をもって

東京へ当時の上司の結婚披露宴に出席した後に、東京で就職している別の同期にその写真を見せながら

懐かしい話をして食事をしていたときに訃報が入りました。

 

あまりに突然すぎて、涙も出ませんでした。

だけどこれは、若かろうと年をとっていようと自分の身に絶対起こらないとは言えないのです。

いくら日頃から健康に気を付けていても。

(それ以来、会いたい人には会えるときに、少しの時間でもいいからちゃんと会っておこうと思うようになりましたね。)

 

この記事をご覧の方の中には、すでに親御さんやご兄弟をお見送りなさった方もいらっしゃるかと思います。

 

また現在、親御さんと離れて暮らしていらっしゃるという方も多いのではないでしょうか。

 

年齢は皆平等に重ねていきます。時間は買戻しができません。

 

親御さんの事、どこまで理解されているでしょうか。

親御さんに何かあった時のことを考えてみたことはありますか?

 

ご紹介する本は、親御さんのこととしては勿論の事

「高齢者の」とついてはいますが、自分事として読むこともできます。

 

仕事柄、よくこうした事は相談されますし、お話もするのですが、お金のことでいうなら

現金、不動産では名前をつけて遺せない上、口座凍結されてしまうことから

のちに相続で揉める事がよくあります。

 

いつやってくるかわからないその日に備え、自分の後片付けをして貰う費用として、

また払い込んだ額以上の保障を遺せることと、

受取人固有の財産として相続争いから守れる(お金に名前をつけられる)、

 

商品によっては介護状態の時に使えるものもあることから保険というものが存在します。

しかし何でもかんでもやみくもに入ればいいというものでもないんです。

 

その人その人の、生き方や考え方でもどんなものがいいかは変わってきます。

 

この本には入院費やその他のお金、税金についてのことや介護、

後見人についても何をしておけばいいか、

その時何をすればいいのか記されています。

 

親御さんがどんな保険に入っているかは

知っておかないと後々大変なことになります。

(私の両親は完全にカモにされ、同じような保障、しかも古い保障を

いくつも持っていたので整理しました。)

 

【例え】虫歯や身体の不調を放置したらどうなるか?わかりますよね?

 

 

よく私はこうした事を、「虫歯」に例えます。身体の不調で例えてもいいと思います。

定期的に歯石取りなどに行っていれば少しの異変ですぐ対処できますが、

放置した虫歯や歯周病は大変なことになりますよね。

 

・なんとなくうずく、痛む(気になる)。

・だけど普段そこまで気にならないし、食事もできないわけではないからと

仕事の忙しさを理由にすぐには歯科に行かない(先延ばしにする)。

・歯磨きの時や食事の時にも辛くなって、腫れや出血が気になるようになってやっと歯科へ。

(実際に大変なことになってから着手する)。

・検査・治療にかかる費用と時間がかさみ、歯科では「なぜもっと早く来なかった」と怒られる。(手間と時間と費用がかかり精神的にも疲れてしまう)

 

そうならないためには「気になったら行動」と「備え」でしかないです。

少しでも本やネット、または相談してみることで不安が解消されたり、理解が深まります。

 

もし書店コンビニでこの本を見かけたら、お手にとってご覧ください。


「シティメイト」 トップ

Commentコメントを投稿する

■お名前
■コメント

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 10月13日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ