東京

めぐみ

Profile

  • 地域:東京
  • 職業:事務/フリーランス
  • 埼玉県川越市出身。 42期シティミューズ・4期シティメイトの松本めぐみです。 かわいいもの・美味しいもの・美しい音楽を求めて、カメラを持って色々な所に出かけるのが好き。 中学校の部活でホルンを始め、現在は一般の吹奏楽団で演奏しています。 のんびりマイペースですが、たまに周りの人たちを驚かせるような行動力を発揮することも! そんな毎日の中で見つけた「お気に入り」を発信していきます☆

New Articles

  • banner

シティメイト

My Favorite Things♪

ユニークな展覧会「怖い絵」展。怖いもの見たさに行ってみよう!


※「怖い絵」展のPRに協力しています。写真は主催者に特別な許可を得て撮影したものです。

 

上野の森美術館で2017年10月7日(土)~12月17日(日)まで開催されている「怖い絵」展

今回は、話題の「怖い絵」展 報道内覧会にシティ公式レポーターとして行ってきました!

 

「怖い絵」展とは?

作家・ドイツ文学者の中野京子氏が2007年に出版した『怖い絵』は、「恐怖」に焦点をあて、その絵の時代背景や隠された物語という知識をもとに読み解く美術書としてベストセラーを記録し、シリーズ化されて多方面で大きな反響を呼びました。

ヨーロッパ近代絵画の巨匠の“怖い”作品など、近世から近代にかけてのヨーロッパ各国で描かれた油彩画や版画、約80点がテーマごとに展示されています

音声ガイド

貸出料金550円(税込)

女優の吉田羊さんがナレーターを務める音声ガイドに、東京会場限定のボーナストラックとして、アニメ「紙兎ロペ」のロペとアキラ先輩が登場

「怖い絵」展の更に“怖い話”が収録されているので、チェックしてみてください

 

作品の一部をご紹介

ジョン・ウィリアム・ウォーターハウス「オデュッセウスに杯を差し出すキルケ―」

1891年 油彩・カンヴァス オールダム美術館蔵

チャールズ・シムズ「そして妖精たちは服を持って逃げた」

1918-19年頃 油彩・カンヴァス リーズ美術館蔵

初来日作品縦2.5m、横3mの大作

ポール・ドラローシュ「レディ・ジェーン・グレイの処刑」

1833年 油彩・カンヴァス ロンドン・ナショナル・ギャラリー蔵館内は写真撮影が禁止されていますが、出口には撮影コーナーが設置されています

 

絵の中では妖艶なキルケ―が「さあ、お飲みなさい」英雄オデュッセウスに酒の入った杯を勧めます。傍らには、その酒を飲んで豚に変身した部下たちが…

 

鏡に自分の姿を映して、キルケ―と一緒に記念写真が撮れます

#怖い絵展 #上野の森美術館 のハッシュタグをつけて、SNSに投稿しましょう

 

シティメイト川崎優季ちゃんと

出口では公式図録やオリジナルグッズを販売しています

お土産に欲しくなってしまいますね

 

怖い絵ばかり見ていると気分が沈んでしまいそうですが、解説をじっくりと読んで背景を想像する楽しさがあります

芸術の秋に、ちょっと変わった絵画鑑賞はいかがですか

 


「シティメイト」 トップ

Commentコメントを投稿する

■お名前
■コメント

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 10月20日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ