東京

tom(トム)

Profile

  • 地域:東京
  • 職業:会社員
  • シティメイト2年目に突入しました!30代に突入し、仕事・プライベートを充実させるため好奇心を武器に行動しています。好きなことは食べること(現在はモーニングにハマッています)、羽田空港に行くこと。ゆるりと読んでいただけたら嬉しいです。

New Articles

  • banner

シティメイト

OLによる、OLのための女子力養成所

【眠活】疲れ溜まっていない?私が実践している3つの「やすみかた」


冬の寒さが少し和らぐ日も多くなってきましたね。

春になって欲しいと願いつつ、花粉症のパワーに戦々恐々する毎日です。

 

さて、この時期は年度末に向けて仕事やプライベートがいつもより更に

忙しくなったり、疲れが溜まりやすい時期でもありますよね。

そんな私も睡眠をしっかり取っているつもりでも日中眠気が続いたり、

元気が出ないこともちらほら。これではまずい!ということで

興味を持ったのが最近よく聞く「眠活(みんかつ)」。

 

 

image

以前参加したセミナーで私の眠り方に関してある指摘を受けたことが

あるんです。それは布団に入ったら3分以内に寝てしまうこと。

それまでは寝つきが悪くないから大丈夫、と思っていたけれど

実は私の睡眠は上手に取れていないかも?と考えるように。

 

※睡眠のためにオーダー枕を作ったこともあります♪

《上質睡眠を目指そう②》働く女性のための快眠オーダーメイド枕

IMG_5020

そこで睡眠コンサルタントの友野なおさんの著書、「やすみかたの教科書」を

読んでみました。この本は休むとは眠ること。というコンセプトのもと、

眠りの習慣に意識を傾けてみましょうと投げかけられています。

IMG_8731

実際に私が実践し始めたことをご紹介します

①グリーンエクササイズ

五感でリラックスを得るために緑がある公園を散歩したり、

ガーデンカフェでランチをしたり自然に触れるようにします。

5分程度でも自然に触れることでストレス軽減に繋がるそうです。

窓から緑を眺めるだけでもOKなのでこれは取り入れやすいです。

IMG_2472

②おやすみ前のスイッチオフ

日中の出来事をひきずって興奮モードから抜け出せなかったりすることで

一日中働き続けたパソコンのようにヒートアップしている状態になるそう。

そこで星空を見上げたり、アロマオイルを焚くことでリラックスします。

 

③仕事帰りにコンビニに寄らない

つい買いを防ぐため&眠れないを防ぐために会社帰りにコンビニに寄るのは

避けます。夜に光の刺激が目に入ってくると体が昼間だと勘違いしてしまい、

寝付くまでに時間がかかったり、活動モードに切り替わるそうです。

IMG_8054

他にも色々と取り入れたいことがあったのですが、全部やるとパンクしそう

なので(笑)まずはこの3つからスタート。すぐに効果が出る!という訳では

ないかもしれないけれど30代になって睡眠や休息が大事だと身に染みて

きたので少しずつ良い習慣を取り入れたいなと思います。

朝活も大事だけれど、夜の過ごし方も大事にしようと思う今日この頃でした


「シティメイト」 トップ

Commentコメントを投稿する

■お名前
■コメント

シティリビング東京
最新号 電子ブック

  • 6月23日号

電子ブックを読む

話題の商品サンプルやオトク情報がオフィスに届く

公式モニターCity’sに登録する

あなたのオフィスにお届けします

無料配布のお申込み・部数変更・配布先変更など

シティリビング紙面の配布についてはこちら

「耐え子の日常」は、Twitter(@OLtaeko)で週3回、連載中

表示エリアを選択

最寄りのエリアや、情報をお探しのエリアを選択してください。
設定に合わせた情報を表示します。エリアはいつでも変更できます。

ページトップ